赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜泣きの原因

「夜泣き」の原因というのは、実ははっきりとは分かっておりません。ただ、「夜泣き」には「刺激」が関係することが多いようです。普段とは違う環境や出来事があった日などの夜は、疲れもありますし、夜泣きをしやすい傾向があるようです。


それは例えば、「来客があった」「普段と違う場所にお出かけした」「お泊りをした」「引越しをした」「新しいおもちゃで興奮した」などのいつもと異なる出来事があった時。

また、「お昼寝の時間が長すぎた、短すぎた」「起きる時間がいつもと違った」「お散歩できなかった、お散歩の時間が長すぎた」などのいつもと違う生活リズムだった日なども、夜泣きしやすい傾向があるようです。

ですから、普段の生活リズムが崩れた日や、いつもと違うことをした日は、仮にそれが楽しい経験であったとしても、夜泣きにつながると思ったほうが良いようです。そんな日は、夜泣き要注意と思って、覚悟しておくと良いかもしれませんね。

しかし、夜泣きのことがあるからと心配して外出などを制限したりする必要は全くありません。新しい刺激は、赤ちゃんや子供の成長には必要ですし、大切なことでもあります。

ただ、外出や遠出をする時は大人中心でなく、赤ちゃんや小さい子供を中心に考えてあげると良いですね。例えば、なるべく赤ちゃんに無理をさせないような休憩を入れたりして過ごせるようにしてあげるなど工夫すると良いでしょう。

親にとっては辛い夜泣きですが、この夜泣きも成長過程の中で必要と考え、なるべくおおらかに考えるのも、ストレスを溜めずに「夜泣き」を乗り越えるコツであり、理想でもありますね(^^)



関連記事


| 夜泣きについて | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/10-5567731e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。