赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アレルギー対策になる掃除の仕方は?

ハウスダストとは、家の中にあるチリやホコリ、ダニのフンや死骸、カビなどのことを言いますが、アレルギーを引き起こす原因となります。ハウスダストを減らすためには掃除をするのが一番ですが、間違った掃除の仕方をしてしまうと、減らすどころか、逆にまき散らしている可能性があります。どういう掃除の仕方が良いのでしょうか?


掃除というと掃除機をかけることと拭き掃除するのが一般的ですよね。掃除機でゴミを吸い取ってから拭き掃除をする人が多いです。でも、実はこの方法はホコリをまき散らすことになっているんです。

というのも、掃除機の排気により、たまっていたホコリが舞い上がってしまうのです。その後に拭き掃除をしてもホコリは空気中に舞ったまま。降りてくるまでに時間がかかるので、結局掃除しきれていないことになるのです。

その上空気中に舞っているホコリは中々下に落ちていかないため、ホコリを吸い込むことになってしまうのです(一度舞い上がったホコリは、約半日空気中に漂っています)。

そのため、先に雑巾で拭き掃除をしてホコリを取り除いてから、大きなゴミを掃除機で吸い取るという順番が1番良いのです。

また、ホコリは上から下に落ちてくるので、上の方の目につきにくいところにかなり溜まっています。特に電気のかさや家具の上、エアコンの上部、カーテンレールの上なども溜まりやすいです。できれば定期的に、これらの場所も拭き掃除するようにしましょう。

その時にする拭き掃除は、高いところから低いところの順番にやってホコリを取り除きましょう。そして最後に床掃除をするとホコリをキレイに取り除けます。

絨毯やカーペット、畳にはダニが発生しやすい場所ですし、食べ物のカスや細かいゴミがたまりやすい場所です。絨毯、カーペット、畳をしっかり掃除するには、時間をかけて丁寧にするのがポイントです。だいたい1平方メートル当たり20秒から30秒くらいかけて掃除機をかけるのがベストだと言われています。

後、掃除する時に忘れてはいけないのは換気です。窓を2か所開けて空気の通り道を作って、ホコリが混じった空気を逃してあげるか、空気清浄機をかけるなどして換気をしましょう。

あまり神経質になると掃除も大変ですが、ちょっとやり方を変えるだけで掃除の効果は変わります。意識してみて下さいね(^^)

■まとめ■
〇掃除は高いところから低いところの順番に
〇床掃除は、雑巾で拭き掃除してから掃除機をかける順番で
〇絨毯、カーペット、畳は1平方メートル当たり20秒から30秒くらいかけて掃除機をかけるのがベスト
〇掃除する時は、窓を2か所開けて空気の通り道を作る、空気清浄機をかけるなどして換気をしっかりする



関連記事


| アレルギーについて | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/105-505dccda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。