赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイレトレーニングの準備 ママの心構え

トイレトレーニングを始めるにあたって、ママが知っておくべきとても大切な心構えがあります。


それは、
□「比べない・焦らない」
□「叱らない・イライラしない」
□「少しでもできたら褒める」
これらのことは、トイレトレーニングを進めていくのにとても重要なことです。

1つ目の「比べない・焦らない」ということについて。中々進まないとついつい周りの人と比べてしまったり、入園するまでには終わらせたいと焦ったりしてしまいやすいです。同じような年齢の子でトイレトレーニングが終わったことを聞いたりすると、「私の子供はまだまだなのに・・・(>_<)」とつい比較してしまいがちです。

比べても焦っても、気持ちがイライラしてネガティブになり、良い方向には行きません。トイレトレーニングは個人差がとても大きいものですし、後戻りや中断することもあります。「うちはうち、よそはよそ」と考え、「自分の子供を信じて気長に待つ」くらいが一番です。

2つ目の「叱らない・イライラしない」について。これは特に大切です。ママがイライラしたり、トイレやおしっこのことで叱られてしまうと、トイレに行くことが嫌いになってしまいます。トイレがイヤなイメージのものになってしまうのです。

実際私自身が小さい頃、トイレトレーニングで叱られたために、一時期親から隠れて陰でおしっこしていたそうです(^_^;)その頃のことを私自身覚えてはいませんが、かなりイヤだったんだと思います。

トイレトレーニングは毎日のことですし、一日何度もあることなので、イライラしてしまうこともありますが、なるべく気持ちを切り替え、特に叱ることのないように気をつけましょう。

3つ目の「少しでもできたら褒める」について。大人もそうですが、褒められると嬉しいですよね。特にこの時期の子供は自我が芽生えてきて、自分でやりたがる時期で、いろいろ挑戦してみたくなる時期です。そのため、自分がやったことが成功し、褒められると、とても誇らしくどんどん意欲を増していきます。積極的になるのです。ですから、少しでもできたならしっかり褒めるのが大切です。

3つの心構えがありますが、ちょうどトイレトレーニングの時期がイヤイヤ期にかかる場合が多いので、なかなか難しいこともあります。しかし、おもらしして失敗してしまうと子供自身、嫌な気持ちになっているものです。その気持ちに共感して、少しでもできたらしっかり褒める。この繰り返しで成長し、おむつがはずれていくのです。

子供の自立を応援する気持ちで、ゆったりとデーンと構えておくとママもトイレトレーニングでストレスを感じることが少なくなり、オムツを卒業することができますよ。

■まとめ■
〇トイレトレーニングの心構えは3つ
 □「比べない・焦らない」□「叱らない・イライラしない」□「少しでもできたら褒める」
〇「子供が失敗したら、子供が感じる嫌な感情に共感し、少しでもできたらしっかり褒める」この繰り返しで成長しておむつがはずれる
関連記事


| トイレトレーニングの悩み | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/123-d3eaa770

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。