赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイレトレーニングで言ってはいけない言葉(NGワード)

トイレトレーニングは1日に何度もあるために思った以上にうまく進めることができないと、イライラしてしまいがちです。そんな時に思わず口にしてしまった言葉で、子供がトイレを嫌いになったり、後戻りしてしまうことも少なくありません。


また、良かれと思って言っていた言葉が、実は子供にプレッシャーを与えてしまっていたなんてこともあります。トイレトレーニングで言ってはいけない言葉というものがあるのです。一体どういう言葉があるのでしょうか?

トイレトレーニングに限らないのですが、育児において気を付けておくべことがあります。それは、「命令」「比較」「脅し」「批判」「過度の期待」です。大人でも、これらのことをされると不快ですよね。小さい子供でも同じです。そんなことをされると、とてもイヤな気持ちになってしまいます。これらのことは等身大の自分を認めていないということと同じだからです。

これら「命令」「比較」「脅し」「批判」「過度の期待」の言葉をトイレトレーニングに具体的に当てはめてみますと…

「おしっこはトイレでしなさい!」「トイレで遊んでばっかりいてたら、おばけがでるわよ」「おもらししたらおやつはなしよ」「おもらししたら、もう幼稚園行けないよ」「おもらしして、悪い子ね」「だからトイレに行こうといったでしょ!」「もう知らない」「○○ちゃんはトイレできてるよ」「またおもらしして」「臭い臭い」「(おもらしして)恥ずかしなぁ」「なんでここでおしっこするの!」「〇〇ちゃんなら大丈夫!できるよねぇ!!!」

などと言った言葉になります。気をつけたい言葉として参考にしてみて下さいね。

イライラしていると、思わず言ってしまいやすいですね。分かっていても行ってしまいそうになる時もあると思います。言わないようにするために、私の場合は、自分が言われたらどう思う?ということを客観的に見るように意識しています(意識していてもできないときもありますが、心掛けています(^_^;)ゞ)

赤ちゃん、子供も1人の人格を持った人間です。このことを心にとめておきます。すると、もし言ってはいけない言葉、NGワードを言ってしまっても、すぐに謝ったりフォローすることができます。ママだって1人の人間、間違いだってたくさんあります。間違いを否定する必要はないと思います。間違っても、すぐに謝る、フォローすることが子育てにおいて大切なことだと思います。

それはトイレトレーニングでも同じ。NGワードに気を付け、それでも言ってしまった時は謝って抱きしめて、また進んでいきましょう(^^)


関連記事


| トイレトレーニングの悩み | 01:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/129-e55d1d44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。