赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

抱っこでゆらゆら

赤ちゃんの寝かしつけ方法の中でも、抱っこするのは定番の1つですね。ママとピッタリくっつくことができ、適度な揺れもあるので、赤ちゃんは抱っこが大好きです。


ただ、小さいうちはそれほど負担に感じることは少ないですが、成長するにつれ、長時間の抱っこは結構こたえます。どうしても抱っこでないと寝ない場合は、抱っこ紐やスリングを使用するなどして、ママに負担があまりかからないように工夫しましょう。

また、長時間抱っこしながら立っているのは大変です。肩や腰への負担も大きく、ひどいと痛みもでてきます。もし、ロッキングチェアがあるならば、寝かしつけに活用しましょう。

赤ちゃんを抱っこしながらロッキングチェアに座ると、ゆらゆらした揺れが赤ちゃんにとっても気持ちよく、眠りにつくことができます。座っていられるのでママも楽でいられますね。

また、もしバランスボールがあるなら、これも寝かしつけに活用しましょう。赤ちゃんを抱っこしながらバランスボールに座って上下に揺れます。エクササイズも兼ねることができますし、一石二鳥ですよ。

それ以外で、もし抱っこがしんどくなって横になりたい場合や、布団に入ったまま寝かしつけをしたい場合に効果的なのが、ラッコ抱きです。

ママがあおむけに寝て、お腹や胸の上に赤ちゃんをうつ伏せの状態(顔は横向きで呼吸できるように)にしてのせます。そうすると、ママと密着していますし、ママの心音も聞こえ、落ち着いて眠りやすいようです。

この方法ですと、ママも寝たままでいられますので、かなり楽に寝かしつけできます。赤ちゃんが眠ったら、そっと布団の上におろしてあげましょう。

抱っこの寝かしつけ方にもいろいろありますので、赤ちゃんとママに合った無理のない方法で寝かしつけをしたいですね(^^)





関連記事


| 寝かしつけ方 | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/27-a58c4c4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。