赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

添い乳


夜中に起きる原因の一つに添い乳があります。添い乳で寝かしつけをしているママは多いですよね。夜中に起きても添い乳だと動く必要がなく、すぐに寝かしつけをすることできるので、とても便利ですね。


しかし、添い乳の場合、その便利さが逆に夜中に頻繁に起きる原因を作り出していることがあるのです。夜中に起きるとすぐに添い乳で対処すると、すぐに寝てくれて助かると思いがちですが、そのすぐに対処することを続けていると、頻繁に起きるようになってしまうのです。

というのも、赤ちゃんというのは大人と違って睡眠のサイクルが短く、60分ほどしかありません。眠りの浅いレム睡眠が頻繁に訪れます。

レム睡眠の時は、声を上げたり動いたりするので、目が覚めてしまったと勘違いしやすいです。この時に添い乳をすると完全に目が覚めることになってしまいます。これを繰り返すことで、夜中に起きる癖がついてしまうのです。

添い乳でなくても、レム睡眠の時に抱き上げたり、あやしたりなどの対処を繰り返しても、同じように癖がついてしまうのですが、添い乳の場合、特に起きたと思えばすぐに対処してしまうことが多いですし、すぐに対処することができてしまうので、知らないうちに起きる癖をつけてしまうことになりやすいのです。

ですので添い乳の場合は、すぐに添い乳で寝かしつけにかかるのではなく、本当に目覚めたのかどうか様子を見て、完全に起きていることが分かってから添い乳するようにしたほうが良いでしょう。

2、3分じっくり様子を見ると、意外に起きていたと思ったら実は起きてなかった、寝ぼけていただけで、すぐに勝手に眠っていった、という場合がとても多いことが分かります。

添い乳の場合は特に気を付けて、夜中に起きる癖をつけないように注意しましょう(^^)


関連記事


| 夜中に起きる原因と対処 | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/35-2427c7dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。