赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤ちゃんの睡眠について

ねんねの赤ちゃん赤ちゃんは産まれてから生後数か月は、昼夜の区別がありません。人間の体内時計は25時間なのですが、これを1日の24時間に合わせることができるようになるには、2~3か月かかります。また、生後数か月間はおっぱいやミルクをまとめて飲むことができないため、数時間おきの授乳やミルクが必要となります。


そういった理由で、赤ちゃんは産まれてしばらくの間は昼夜関係なく過ごし、3か月頃から少しずつ昼夜の区別がついてきます。この昼夜の区別がついてくることで、夜もまとめて眠ってくれるようになってきます。

昼夜の区別を促すためには、昼は外に出て散歩したりして日を浴びさせ、夜は静かな環境を整えてあげることがとても大切です。

ちなみに、新生児の赤ちゃんは平均で約16時間、よく寝る子の場合は20時間以上、あまり寝ない子の場合は12時間ほどの睡眠時間が平均となっています。

そして、2~3か月頃から起きている時間も徐々に増え、6~7か月頃からは夜まとめて寝るようになる子が多くなります。それから1歳半くらいまでは、お昼寝も午前と午後に1回ずつ、1歳半からは午後に1回のお昼寝をするというパターンが多いです。また、2歳くらいになると夜は10~12時間、お昼寝は0~2時間ほどの睡眠時間になります。

だいたいのパターンというのはありますが、あくまでこれは平均です。赤ちゃんも大人と同じで睡眠時間は、個人差がとても大きいのです。育児書などには、生後数か月で夜もまとまって眠ってくれると書かれていますが、実際は、中々寝ない子や、夜中に何度も起きる子、寝過ぎる子など本当にさまざまです。

そのため、ママは「うちの子は他の子と違って・・・」と悩んでしまうことがありますが、「睡眠時間も個人差があり、それも個性だ」ということを心にとめておくことも大切ですね(^^)



関連記事


| 睡眠の悩み | 15:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/5-1d947b75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。