赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1歳8か月の頃(断乳決行)の睡眠についてと1日のスケジュール

1歳8か月頃、旦那さんに連休を取ってもらい、断乳を決行しました。断乳してからの3日間は、夜中の間ずっと泣き叫び、朝方疲れてようやく眠ってくれる状態でした。


その間、ずっと抱っこをしていました。夜中の抱っこは私しかダメで、パパが抱っこすると怒ってさらに泣き叫ぶ状態だったので、夜中の間はずっと抱っこしていました(>_<)。

朝晩全く逆転した生活でした。そんな生活が数日続きました。そうすると、朝晩逆転した生活リズムですが、だいたい6時間後には眠くなって寝ることが分かりました。

この目安ができたことで、気持ちが少し楽になりました。このリズムに合わせるとお昼寝や就寝の時間が決めやすいと思いました。

断乳して5日経ち、少し落ち着いたので、今後の寝かしつけと生活リズムを整えるための参考に本を読みました。

断乳して1週間たつと、だいぶん落ち着いたので、生活リズムを整え始めました。まずは朝晩逆の生活を変え、朝7時に起こし、ご飯を食べ、眠たくて機嫌が悪いので、公園や支援センターに行って、遊ばせました。

そして、お昼ご飯を食べたらお昼寝です。午前中、なるべく体を動かすことで、お昼寝をしやすいようにしました。

寝かしつけの方法は、本を参考にしました。そうして、これからの寝かしつけはママ自身が楽な方法でないと、つらくなると実感しました。それで、私と子供にとって無理のない寝かしつけを考えました。

それは、寝る前に絵本を読んで入眠儀式を作り、その後、寝たふりをします。意外に寝たふりが効果抜群で、、しばらくはごそごそしていますが、いつのまにか眠りについていました。

この頃、赤ちゃんの睡眠に関する本を何冊も読み、また、いろいろ調べました。そのことで、それまでは夜中、目が覚めたと勘違いし、すぐに添い乳で寝かしつけさせていたことが、夜中に何度も目を覚ます癖を作ってしまっていたことを知りました。

それで、夜中に声を上げたり、動いたりしていても2、3分ほど様子を見ることにしました。すると、そのまま静かに眠りについていることが分かりました。添い乳をすることで、完全に目覚めさせてしまっていたようです。

おかげで夜中に起きる回数が減りました。起きる回数は0~3回ほどになり、すごく楽になりました。さらに嬉しいことに自分の時間を持つことができるようになりました\(^o^)/

1歳8か月、断乳後の1日のスケジュールは

7時        起床
7時半       朝ごはん
9時半       公園
10時~11時半  子育て支援センター
12時       お昼ご飯
13時~15時   お昼寝
15時       おやつ
16時       お出かけ
17時半      夜ご飯
19時半      お風呂
20時       寝かしつけ&就寝

でした。        

日中しっかり体を動かして体力を使うことで、スムーズに睡眠が取れるよう心がけていました(^^)

寝ない、夜中に起きる、夜泣きなどの睡眠の悩み、生活リズムの悩みがある方は、参考にしてみて下さい(^^)/
関連記事


| 私の体験談(睡眠の悩みとスケジュール) | 06:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/51-74a8a260

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。