赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の室内の温度と湿度


Winter Sky / Emotinal Black

赤ちゃんがぐっすり眠るためには、環境はとても大切です。中でも温度と湿度の影響というのは大きいものです。大人でもそうですが、暑すぎたり、寒すぎたりすると中々寝付けなかったり、夜中に目を覚ましてしまったりしますよね。赤ちゃんがしっかりぐっすり眠れるよう、適度な温度と湿度に室内を保ってあげましょう。


赤ちゃんが快適に眠れる室内の温度は、冬場は20~23度が目安となります。冬という季節はどうしても乾燥しがちです。

その上、電気ストーブやエアコンを使用すると、さらに室内は乾燥してしまいます。乾燥は風邪を引き起こしやすいですし、皮膚が乾燥すると肌トラブルも起こりやすくなります。

ですから、冬は加湿器を使用したり、濡れたタオルを室内にかけておくなどして湿度が低くなるのを防ぎましょう。湿度は40~60%に保つようにしましょう。

湿度の目安は、湿度計を参考にして調整すると良いでしょう。また、湿度を40~60%に調整しておくことは、風邪予防にも役立ちます。

冬の室温に関して、1つ注意しておくことがあります。それは、室内の上下の温度差です。暖房した室内は暖かい空気が上に上がるため、部屋の上と下で温度差が生じます。天井近くの温度が高く、床に近い温度が低くなるのです。

家の断熱性、気密性によってもその温度差というのは変わるのですが、断熱性、気密性の悪い部屋だと10度以上の温度差が生じることもあるそうです。

だから、そんな場合は、赤ちゃんの寝ている場所と同じくらいの高さに温度計を置いて、時々チェックして調整してあげると良いでしょう。

以上が、冬の室内の温度と湿度の目安です。室内温度20~23度、湿度40~60パーセントを目安にし、後は赤ちゃんの様子、お腹や背中の暖かさの具合を見て、調度良いかどうかを判断しましょうね(^^)



関連記事


| 睡眠環境を整える | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/56-9e56cf8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。