赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖房器具について「エアコン」


エアコン / sekido

暖房器具もいろいろな種類がありますが、エアコンを使っている家庭は多いと思います。エアコンは部屋全体を暖めることができますし、空気が汚れないこともあり、使用しやすいですね。そして、エアコンは冬だけでなく夏も使うことができるので便利ですね。


ただ、エアコンを使用すると大変乾燥するので、加湿器などを使って湿度が低くならないように気を付けてあげましょう。湿度が低くなると、鼻やのど、口の粘膜や、皮膚が乾燥しやすくなりますし、インフルエンザや風邪のウイルスも繁殖しやすくなりますので気を付けましょう。

温度は20度~23度、湿度は40~60パーセントを目安にすると良いでしょう。

冬は住んでいる場所や住まいによって、寒さというのは異なりますが、なるべくエアコンをつけっぱなしというのはやめておきましょう。そのためにも、タイマーなどを上手く利用すると良いですね。また、暑すぎても、寒すぎても寝つきは悪くなります。寝ている間にエアコンをつけなくても、寝る前に部屋と寝具を暖めておくだけでも、快適な眠りにつくことができます。

冬のエアコンを使用する時のワンポイントアドバイスがあります。エアコンを使用するとき、ルーバー(風向板)の向きを変えていますか?

ルーバーの向きを夏に使用した時のまま水平になっている場合が意外に多いです。しかし、冬は下向きにするほうが良いです(かといって、赤ちゃんに直接暖房が当たるようならやめて下さいね)。

というのも、暖かい空気というのは部屋の上にいきます。だから、水平のままだと温かい空気が下に行きにくくなり、部屋の上下で温度差がでてしまうのです。ルーバーを下向きにすると、部屋の上下の温度差が少なくなりますよ。ちょっとしたことですが、暖房効率も良くなりますのでルーバーの向きをチェックしてみましょう☆

エアコンは便利ですが、乾燥にはしっかり注意して、上手に利用しましょうね(^^)

関連記事


| 睡眠環境を整える | 13:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/01/15 17:27 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/60-9ad4965f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。