赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖房器具について「オイルヒーター」


暖房器具はいくつもの種類がありますが、赤ちゃんがいる家庭では選び方、使い方が大切ですね。それぞれの暖房器具に特徴がありますので、ご家庭に合ったものを選んで、睡眠の環境を整えてあげましょう。


今回は暖房器具の中でも「オイルヒーター」について。オイルヒーターは赤ちゃんのいる家庭で勧められることの多い暖房器具です。なぜなら、オイルヒーターは赤ちゃんでも安心して使える特徴があるからです。

その特徴、具体的には
■火を使わないので空気を汚さない
■乾燥が少ない
■温風がでないので、埃が舞い上がったりしない
■臭いがない
■換気の必要がない
■高温にならないのでやけどの危険がすくない
■火事の心配がない
■空気が暖かく部屋全体が暖まる
■音が出ない
といったメリットがあります。

空気が乾燥すると風邪の原因や喉の痛み、肌トラブルが起こりやすいですが、オイルヒーターだとその心配なく使うことができます。また、赤ちゃんや小さい子供がいると、暖房器具を触ったり、転倒させたりなどの危険がありますが、オイルヒーターだとやけどや火事になる心配がなく、安全なのがとても魅力ですね。アレルギーがあると空気の汚れや埃などのハウスダストも気になりますが、その点も大丈夫です。

赤ちゃん、小さい子供がいる家庭ではメリットが多い暖房器具ではありますが、やはりデメリットもあります。オイルヒーターのデメリットは
■電気代が高い
■暖かくなるまでに時間がかかる
ということです。

暖かくなるまでに時間がかかるのは、部屋の広さや住宅環境によっても大きな差があります。マンションのような気密性、断熱性が高い部屋だとそれほど時間がかからずに暖まりますが、昔ながらの一戸建てや、すきま風がある部屋、断熱性が高くない家だと、どうしても暖まるのに時間がかかります。そういった場所でオイルヒーターを使うと、十分にオイルヒーターの威力を発揮しにくいです。

これらのデメリットを補うには、使い方に一工夫すると良いですよ。例えば、最初だけエアコンで暖めたり、部屋の広さのあるリビングではなく、寝室でだけ使う、タイマーを利用するなどをするとずいぶん違います。

ちなみに我が家ではオイルヒーターとエアコンを組み合わせて使っています。オイルヒーターの電気代は気になりますが、やはり陽だまりのような暖かさと空気の乾燥、汚れのなさが気に入っています。娘はアレルギーもありますし、肌トラブルもよくあるので、なおさら重宝しています。

どの暖房器具もメリット、デメリットがありますから、補いながら上手に使って心地よい睡眠環境を作りたいですね(^^)


関連記事


| 睡眠環境を整える | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/62-6147a1cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。