赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖房器具について「床暖房」


Wooden floor / i_yudai

冬になり寒くなると欠かせない暖房器具はいくつもの種類がありますが、赤ちゃんがいる家庭では選び方、使い方が大切ですね。それぞれの暖房器具に特徴がありますので、ご家庭に合ったものを選んで、睡眠の環境を整えてあげましょう。


今回は暖房器具の中でも「床暖房」について。最近は新築のお家などでは特に床暖房が設置されている家も多いようですね。また、リフォームの時に検討する方もとても多いそうです。確かに、赤ちゃんがいる家庭や小さい子供がいる家庭では暖房器具の中でも床暖房は安全面などを考慮するとかなりメリットが多いです。

その床暖房の具体的なメリットはと言いますと。

■火を使わないので空気を汚さない
■乾燥が少ない
■温風がでないので、埃が舞い上がったりしない
■臭いがない
■換気の必要がない
■火事の心配がない
■部屋全体が暖まり、優しいポカポカした暖かさ
■音が出ない
■器具がないから、場所を取らず、転倒の恐れがない
■フローリングなのでダニの発生が少ない
といったメリットがあります。

空気の乾燥というのは、風邪の原因や喉の痛み、肌トラブルを引き起こしますが、床暖房ですとその心配がありません。また、赤ちゃんや小さい子供がいると、安全面が気になるのですが、床暖房は火事の心配や火や高温によるやけどの心配がないので安心できるのが魅力ですね。

それに、アレルギーやぜんそくを持っていると空気の汚れや埃などのハウスダスト、ダニなども気になりますが、その点も大丈夫です。

このようにメリットが多く、赤ちゃんや小さい子供にとても向いている暖房器具の1つですね。しかし、床暖房にもデメリットはあります。

それは・・・
■設置費用が高い
■部屋全体が暖まるまでに1時間程かかる
■長時間直接接していると低温やけどの恐れがある

ということです。

部屋全体が暖まるまでに時間がかかりますが、はじめの1時間はエアコンなど併用することで補うことができます。そして、低温やけどの恐れは、長時間直接同じ場所が接しないように気を付けることで回避できます。

問題は設置費用です。床暖房を設置しようと思うと床工事が必要となります。そのために他の暖房器具の中でも初期費用が高くなります。ただ、とても良い暖房器具ですので、新築を建てる時に設置したり、リフォームする時に一緒にすると良いですね。

また、最近の新築マンションには標準で床暖房が設置されていることもありますので、そういった物件を探すのも一つの手ですね。

我が家はリビングに床暖房があり、時々使用していますが、乾燥せず、ポカポカした暖かさが心地良いです。赤ちゃんにも優しい暖房器具なので、機会があれば検討することをおすすめします(^^)

床暖房は高いけど興味のある方はこのようなものもありますよ。




関連記事


| 睡眠環境を整える | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/65-d9b3bf56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。