赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

暖房器具について「ファンヒーター」


パロマ ガスファンヒーターPG-34F / yto

暖房器具って、いろいろあるので迷いますよね。コストだけでなく、赤ちゃんや小さい子供がいると安全面も気になりますし。


今回はいくつもある暖房器具の中でもファンヒーターについてお話しますね。ファンヒーターというのは、電気やガス、石油などの力を使って、温風を出すことで暖める暖房器具です。この電気、ガス、石油の使う力によってもそれぞれの特徴があるんですよね。

それぞれメリット、デメリットがありますのでお家に合ったのはどれか検討してみて下さいね。

まずは、電気ファンヒーターについて。電気ファンヒーターは最近はセラミックファンヒーターが主となっています。そのセラミックファンヒーターのメリットは・・・
■すぐに温風がでて暖まる
■一酸化中毒の心配がない

ということがあります。セラミックファンヒーターだけでなくファンヒーターすべてに言えることですが、スイッチを入れるだけですぐに暖まることができるのは魅力ですね。また、電気の場合は、空気が汚れないので一酸化中毒の心配がないのは赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では安心できるのが嬉しいですね^^

では、セラミックファンヒーターのデメリットはと言いますと・・・
■大きな部屋を暖めるのにパワー不足、時間がかかる
■電気代がかかる
■ホコリが舞う

といったことがあります。ファンヒーターは温風で暖めるため、どのタイプのものもホコリが舞ってしまいます。そのため、アレルギーの心配がある赤ちゃんや子供がいる場合は注意した方が良いですね。

また、セラミックファンヒーターはそれほどパワーがありませんので、どうしても大きな部屋を暖めようと思うと時間もかかり、結果電気代もよりかかってしまいます。小さな部屋で使うのに適していますね。

ガスファンヒーターのメリットは・・・
■すぐに温風がでて暖まる
■暖房能力がに高いので、部屋全体を暖めることができる

といったことがあります。しっかり部屋全体も暖めたい場合にも向いていますね。

ガスファンヒーターのデメリットとしては・・・
■ホースにつなぐので、使用する場所が限定される
■ホースが邪魔になる
■一酸化中毒防止のため、換気が必要
■ホコリが舞う

といったことがあります。くれぐれも換気には注意したいものですね。また、ホースがありますので、赤ちゃんや子供が足を引っかけたりしないように注意する必要があります。

石油ファンヒーターのメリットとしては・・・
■すぐに温風が出て暖まる
■暖房能力が高いので、部屋全体も暖めることができる

といったことがあります。やはりパワーがありますので、好んでいる人も多いですよね。

石油ファンヒーターのデメリットとしては・・・
■一酸化中毒防止のため、換気が必要
■ホコリが舞う
■給油する面倒がある
■灯油を準備する必要がある
■最近のマンションやアパートでは火事の危険から使用を禁止している場合もある

といったことがあります。こまめに換気することが大切ですね。赤ちゃんや子供が小さいうちは、使用する時には安全面での注意が必要ですね。

ファンヒーターは吹き出し口から温風がでるので、やけどの危険もありますし、いたずらして物を入れたりする恐れもありますので、使用する時は、必ず一緒にストーブガード使用しましょう。

ストーブガードは石油ストーブの時にも書いたのですが、子供がこけたりした時でも倒れることのない、しっかりと頑丈な作りのものを選ぶようにしましょう。

それぞれメリット、デメリットがありますので、家庭に合ったものを安全に気を付けて使用しましょうね(^^)










関連記事


| 睡眠環境を整える | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/68-d285e03e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。