赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冷房器具について「扇風機」


扇風機 / kanonn

夏の冷房器具といえば、エアコンと扇風機が定番ですね。では、赤ちゃんに扇風機を使うとき、どうすれば良いのでしょうか。


まず、1つ絶対に注意しなければいけないことがあります。それは、「直接風を当てない」ということです。

長い間、直接風に当たっていると、体温調整機能のバランスを失い、汗がどんどん蒸発するために脱水症状になり、体温が奪われることで低体温にもなってしまい、とても危険なことになるのです。

赤ちゃんは特にまだ体温調整が未熟ですし、特に寝ている間は体温も下がり、体温調整機能も低下している状態ですのでなおさら危険なのです。

特にねんねの時期の赤ちゃんは、寒いからといって場所を移動することもできないのでより注意が必要です。

では、どうやって使用すれば良いのでしょうか。それは、とにかく直接風に当てないようにすることです。例えば赤ちゃんに直接当たらない角度で首ふりで使うなどすると良いですね。

できれば扇風機を壁に向けて使い、いったん壁に当たった風を赤ちゃんに当てるようにすると安心です。

扇風機を使う時、つかまり立ちをし始めたり、歩くようになった時に気を付けなければいけないのは、扇風機の転倒と羽です。

まだまだ言って聞かせることが難しく、羽の危険も分からないので好奇心で触りたがることも多いので、触ることができないよう大人が防止するしかありません。

扇風機カバーは必ずつけるようにしましょう。ただ、扇風機カバーをつけていても、安心しないでくださいね。

というのも、我が家では夏産まれなので初めての夏はまだねんねの状態だったので大丈夫だったのですが、次の夏は1歳くらいで、その時は扇風機カバーをすぐに取って遊ぶようになってしまいました(ーー;)

そうなると扇風機に触るようになり逆に危険になりますので、注意して下さいね。

中には扇風機のカバーを触ると自動で羽が止まる安全装置が付いた扇風機もありますし、近頃は羽のない扇風機もできましたね。

赤ちゃんや子供が触っても安心なので、そういった扇風機を選ぶととても安全で良いですね。

またつかまり立ちをする時期などは特に転倒する危険があるので、その時期はもしあればストーブガードを利用したり、触ることができない場所に移動させるなど工夫しましょうね。

夏は蒸し暑くて寝苦しくなりますが、扇風機を使う時は安全に気を付け、上手に睡眠の環境を整えてあげましょうね(^^)

■まとめ■
〇絶対に直接風に当てない
〇羽に気を付ける(対策として扇風機カバー、安全装置がついた扇風機や羽のない扇風機の使用)
〇転倒に気を付ける(対策としてストーブガード、場所移動)




関連記事


| 睡眠環境を整える | 06:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
扇風機で思い出しました!ウチの次男が赤ちゃんだった時に、回ってる扇風機の網に顔をベッタリ付けてベロを中に入れて羽を舐めようとしてた事を…。
(↑良い子の赤ちゃんはマネしちゃダメですよ~。)
忘れていた事とはいえ、思い出すとゾッとします。(-o-;)
今は羽の無い扇風機などが流行りなので、みいさんが言う通りで赤ちゃんがいる家庭にはおススメかもしれませんね。

| シロー | 2013/02/02 22:07 | URL |

Re: シローさんへ

わぁ!怖いですねぇ(+o+)

赤ちゃんって時々想像しないことをしますものねぇ(~_~;)
分からないから笑顔でとっても危険なことしたりしますしねぇ(ーー;)

シローさんの次男君、ケガがなくて良かったですね(^^)

羽のない扇風機、赤ちゃんにも安全で良いですよねぇ。
ママ友さんとの間でも去年の夏はよく話題になりました。
もう少し安くなれば欲しいです☆

| みい | 2013/02/03 05:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/71-c5caee79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。