赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アレルギーとは?(アレルギーの仕組みについて)


Thinking... / Spojení

最近は、赤ちゃんや子供のアレルギーがとても増えています。テレビや雑誌、本などでも子供のアレルギーについて目にする機会も多いですし、ママやパパがアレルギー体質だと、余計に心配になりますよね。



そんな気になるアレルギーですが、アレルギーの起こる仕組みを知って、まずはアレルギーの正体を理解しましょう。

人間の身体には、さまざま病原菌などから体を守ろうとする、抗原抗体反応という仕組みを持っています。体の中に病原菌などの異物が入ってくると、体にとって悪影響を及ぼすので、その異物をやっつけようとします。その異物に対抗する物質(抗体)を作り、次に同じ異物(抗原)が入ってくると、抗体がやっつけてくれるのです。

このおかげで、同じ病気にかからずにすみ、また、それを利用したのが予防接種なんですね。そうやって私たちの身体は免疫が作られ、守られているのです。大切な働きなんですね。

ただ、大切な働きで体を守ってくれるはずの抗原抗体反応が過剰に働き、自分の身体を傷つけてしまうのがアレルギー反応なのです。

アレルギーを起こす物質というのは、さまざまです。チリやホコリ、ダニなどのハウスダストや花粉や食べ物などがあります。これらは必ずしも体にとって有害なものではありませんが、これらを異物とみなしてしまい、アレルギー反応を起こし、皮膚反応やかゆみ、せき、くしゃみなどアレルギー症状を見せるのです。

赤ちゃんの場合、大人と違ってアレルギーで見られるのは、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、ぜんそくの前段階(ゼーゼーしやすい)というものがあります。

赤ちゃんや小さい子供のアレルギーというのは、大人と違いまだ食べ物を消化する機能が未熟だったり、体力が十分になかったり、皮膚のバリア機能も未熟であったりすることが大きく影響しています。そのため、成長とともに症状が緩和されることも多いです。

赤ちゃんにアレルギーがあると、とても心配になりますよね。私の娘もアレルギーがあります。とてもかゆがってたり、皮膚がボロボロになったり、人から指摘されたりすると、かわいそうになったり辛い時もあります。見ていてちょっとツライ時もありますね。

心配になることもありますが、成長し体の機能がしっかり整い、体力がつけば治ったり緩和されることが多いので、まずは今できることを知り、しっかりケアをしてあげましょう(^^)

■まとめ■
〇アレルギーは免疫の過剰反応
〇赤ちゃんのアレルギーは、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、ぜんそくの前段階が多い
〇体の機能(消化機能や皮膚のバリア機能)や体力が影響している
〇成長と共に症状が緩和されることが多い
関連記事


| アレルギーについて | 06:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは(^^)

先日は「みみもも日記」にご訪問いただき、ありがとうございました☆
うちの子が、今ちょうどアレルギー症状が出て薬を飲んでいるところなのでとても参考になりました(*^^*)
親としてはちょっとしたことでも心配で。。。
まずは日ごろのケアが大切なんですね(*^-^)
また遊びに来ます☆

| みみもも | 2013/02/07 20:05 | URL |

みみももさんへ

コメント、ありがとうございます(^^)
すごく嬉しいです\(^o^)/

親としては、ちょっとしたことでも心配になりますよね(>_<)
私の娘もアレルギーのお薬を飲んでおり、治療中なのですが、これからいろいろアレルギーに関しての記事を書いていくので、よろしければまた覗きに来てくださいね(^^)

私もまた、みみももさんのブログに遊びに行きます(^^)/

| みい | 2013/02/08 05:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/74-8a66b2e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。