赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食物アレルギーの治療


小さいおにぎりを食べる / yto

食物アレルギーの診断を受けたら治療が始まります。食物アレルギーの治療は、一体どういうことをするのでしょうか。


食物アレルギーの治療の基本は「原因食物の除去」になります。ただし、原因となる特定のものを食べないということは、成長に影響があることでもあります。そのため、食物の除去をする場合は、必要最小限にするのが基本です。

そのためにも、しっかりとアレルギー症状の出る食物が何かの診断が大切なのです。また、食物の除去をする場合でも、アレルギーの程度などにもよって、完全除去しなければいけなかったり、完全除去でない場合もあります(加熱したものや加工品ではでない場合など)。

ですので、食物を除去する場合、自己判断せず必ず医師の指導のもとに行うようにしましょう。赤ちゃん、子供の成長に栄養バランスはとても大切ですので、相談しながら進めるようにしましょう。

また、食物アレルギーの場合、成長と共に軽減されたり治ることが多いので、必ずしもずっと除去するわけではあません。数か月から半年、1年ごとなどに再検査、再診断して不必要な除去がないようにします。

基本の治療というのは、「原因食物の除去」になるのですが、最近は新しい治療法として経口減感作療法(経口免疫療法)というものがあります。

この経口減感作療法(経口免疫療法)というのは、アレルギーの原因となる食べ物を、アレルギー症状を出さない程度食べさせ、少しずつ量を増やしながら耐性を誘導する方法です。

ただ、まだこの治療法はまだ模索中のものでもあり、病院ごとにやり方が多少ちがいます。また、実際にアレルギー症状の出る食べ物を摂取することになるので、ひどい場合はアナフィラキシーを起こすこともありますので、必ず専門医の指導のもとで慎重に行う必要があります。

また、食物アレルギーの治療には薬も使います。ただこれは、アレルギー症状が出た場合に、和らげることが大きな目的です。食物アレルギーを治すものではありませんので、注意しましょう。

使われる薬としては、アレルギー症状が出た場合には、抗ヒスタミン薬の飲み薬や、アナフィラキシーショックに対してはその補助治療薬として「エピペン(一般名エピネフィリン)注射液」などがあります。

これらの薬を使って、アレルギー反応を抑え、出た症状に対して対応したりするのです。ただアレルギーの程度によっても対応の仕方というのは違いますので、アレルギー症状が出た時にどうすればよいのかは、あらかじめお医者さんと相談しておきましょう。

食物アレルギーは栄養面の心配もあります。自己判断せず、しっかりと信頼できるお医者さんの指導のもとで治療していくのが大切です(^^)

■まとめ■
〇治療の基本は「原因食物の除去」
〇必要最小限の食べ物の除去が基本で、医師と相談して指導のもとで行う
〇新しい治療法として「経口減感作療法(経口免疫療法)」がある
〇アレルギー症状が出た場合の対応で、抗ヒスタミン薬の飲み薬や、アナフィラキシーショックに対してはその補助治療薬として「エピペン(一般名エピネフィリン)注射液」を使うこともある
〇食物アレルギーは栄養面の心配もあるので、自己判断せず、信頼できる医師のもとで治療をする
関連記事


| 食物アレルギーについて | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/79-0f1cee10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。