赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

卵アレルギーの場合、代わりに何を食べるの?使えるの?

E.G.G (鶏卵)
E.G.G (鶏卵) / onigiri-kun

食物アレルギーの治療の場合、「食物アレルギーの治療」で書いたように、原因の食べ物の除去が基本となります。この食べ物の除去は赤ちゃん、子供によりアレルギーの程度も異なりますし、お医者さんの判断によっても違います。自己判断せず、必ずお医者さんの指導のもとで行います。


お医者さんの指導が基本なのですが、3大アレルゲンである卵、牛乳、小麦にアレルギーで食べ物を除去する場合、代わりに何を食べるようにすると良いのでしょうか?

赤ちゃん、子供の成長を損なわないためにも、特定の食べ物を除去した場合、その栄養を別の食品で補う必要があります。何があるのか見ていきましょう。

まずは、卵アレルギーの場合、卵そのもの・卵を含む加工食品を除去します(程度はお医者さんの指導のもとで行います)。卵そのものは分かりやすいのですが、卵を含む加工食品というのはいろいろあります。

例えば、マヨネーズ、パンの一部、洋菓子(クッキー、ケーキ、アイスクリーム、プリンなど)、麺類の一部(ラーメン、中華麺、焼きそばなど) 練り製品(かまぼこ、はんぺんなど)、肉類加工品(ハム、ウインナーなど)などがあります。

代替食品としては、卵は肉、魚、大豆製品、乳製品でたんぱく質を補うことができます。また、マヨネーズは卵を使っていないアレルギー用マヨネーズ、洋菓子の場合は卵が入っていないアレルギー対応のものもあります。

また、自分で調理する場合は、肉料理のつなぎは でんぷん(片栗粉など)、すりおろした芋などで代用できますし、揚げ物の衣は、水と片栗粉や小麦粉を合わせて代用することができます。ケーキの場合は卵の代わりに重曹やベーキングパウダーでふくらませることができます。

卵はつなぎや照りつけなどさまざまな目的で使われています。そのため、意外なものに卵が使われている場合がありますので、加工食品を食べる時は、表示をチェックするようにしましょう(^^)

■まとめ■
〇除去するもの 卵・卵を含む加工食品(マヨネーズ、パンの一部、洋菓子(クッキー、ケーキ、アイスクリーム、プリンなど)、麺類の一部(ラーメン、中華麺、焼きそばなど) 練り製品(かまぼこ、はんぺんなど)、肉類加工品(ハム、ウインナーなど)
〇代替食品として 卵は肉、魚、大豆製品、乳製品。加工食品は卵を使用していないもの。加工食品は卵使用していないもの、アレルギー対応のものを。
〇調理の工夫 肉料理のつなぎは でんぷん(片栗粉など)、すりおろした芋で代用。揚げ物の衣は、水と片栗粉や小麦粉を合わせて代用。ケーキは重曹やベーキングパウダーを代用してふくらませる。
関連記事


| 食物アレルギーについて | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/80-de8644a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。