赤ちゃんから3歳までの子育てお悩み解決サイト

初めての子育てで悩んでいるママの悩みを解決。「笑顔で子育て」を応援します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎とは

赤ちゃんに湿疹があると気になりますよね。湿疹にもいろいろ種類があるものなのですが、乳幼児に多いアトピー性皮膚炎というのは一体どういうものなのでしょうか?


アトピー性皮膚炎は、かゆみを持つ湿疹が良くなったり、悪くなったりというのを繰り返すのが特徴です。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、顔や頭、耳などにジクジクとした湿疹が出ることが多いです。特に0歳児の時はジクジクした感じが多いです。1歳以降は、湿疹が乾燥してカサカサした感じになりやすいです。

また、2歳以降はひじやひざの内側の関節の所に湿疹が出たりもします。また、「貨幣状湿疹」とも呼ばれる円形の湿疹がが見られるのも赤ちゃんには多い症状の1つです。湿疹は左右対称に出る傾向があります。

そして、季節によっても症状が変わります。冬は乾燥のため症状が悪化しやすいです。肌がカサカサしてかゆみが強くなりやすいです。

赤ちゃんの場合、特に顔や頭に湿疹ができる乳児湿疹がでることも多いので、まぎらわしく、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の判断がとても難しいです。

また、アトピー性皮膚炎でなくても乾燥したドライスキンのためにかゆみが伴っている場合もありますので、かゆがっているからアトピー性皮膚炎だと判断しないようにしましょう。アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりというふうに、長期に渡るのが特徴で、赤ちゃんの場合は2か月以上続くものですので、経過を見なければ正しい判断はしにくいものです。

もし気になる湿疹があり、それが続いているようならばお医者さんに相談しましょう。相談しながら経過をみることで正しい判断をしてもらいましょう。対応を間違えると悪化してしまったり、治りにくくなってしまいますので気をつけましょう。

■まとめ■
〇特徴1「かゆみを伴う湿疹」
〇特徴2「良くなったり悪くなったりを繰り返す(長期的・慢性的)」
〇赤ちゃんの場合、顔、頭、耳にジクジクした湿疹が特徴
〇円形の「貨幣上湿疹」がでる場合もある
〇1歳以降は湿疹も乾燥したものに変わりやすい
〇2歳以降ははひじやひざの内側の関節の所に湿疹がでやすくなる
〇湿疹は左右対称に出る傾向
〇アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の区別がつきにくいので、お医者さんに相談して経過を見て判断してもらう

関連記事


| アトピー性皮膚炎について | 06:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sleepbaby31.blog.fc2.com/tb.php/87-2d11ce48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。